包茎のデメリットと手術法

banner

知らない内に大きな影響をあたえる


包茎がコンプレックスに感じている人もいると思いますが、基本的に包茎はひどい状態でなければ日常生活に支障なく過ごすことができます。
もちろんコンプレックスに感じるだけですごく負担になります。
しかも包茎は自分も知らない内に大きな影響をあたえることがあります。
多くの人が見た目や性行為について悩むものですが、包茎はもうひとつ大きな影響があります。
それは病気にかかりやすいという点です。
包皮の内側に汚れがたまりやすい状態になっています。
そのため放っておくと炎症を起こし、様々な病気を引き起こすでしょう。
特に多いのが性病です。
包茎によってかかりやすいとされている病気の中には性器クラミジア感染症や性器ヘルペスが挙げられています。
包茎が性病にかかりやすいとされているのは細菌が繁殖しやすい状態になっているからです。
こういった性病にかかった状態で性行為をすると、相手に性病を移してしまうことがあります。
包茎が原因でかかりやすい病気としては亀頭包皮炎も挙げられます。
これは亀頭が赤く腫れ、出血がある場合もあります。
亀頭から陰茎に移ることもあり、注意が必要です。
こういった病気は基本的に不衛生な環境にあると発生します。
ひどい場合には陰茎がんなどの重症になることもあります。
清潔に保つことが何より重要ですが、もし病気になってしまった場合には早急な治療が大切です。
違和感を感じたら直ぐに病院に行くようにしましょう。

包茎の治療方法


包茎の治療方法というと手術しかないと考える人もいるかもしれません。
一般的に包茎の治療方法としては余った包皮を切除する方法が知られています。
しかし、実際には切らなくても包茎を治療することができます。
包茎の中にも幾つか状態がわかれていて、軽度の仮性包茎の人であれば包皮を切除しなくても特に問題がないでしょう。
そのため自分でも治療をすることができます。
もちろん切らない方法で病院で治療を受けることもできます。
この治療方法は矯正と考えていいでしょう。
真性包茎でなければこの矯正で治療をしたほうがいい場合が多いです。
矯正で治療をする方法としては包皮をむいた状態を癖付けることが目的になります。
ナチュラルピーリング法と根元部固定法というものがあります。
ナチュラルピーリング法は一般的に手術に利用される糸で包皮を縫いつけ、その状態を癖つけるというものです。
根元部固定法は医療用の接着剤を利用して包皮の根元部分に施術し、亀頭を露出させる方法です。
強制した状態を維持しやすいのはナチュラルピーリング方でしょう。
ナチュラルピーリングは本田ヒルズでも行っていますし、根元部固定法は一定期間経つと接着力がなくなってきてしまいます。
どちらの治療法でも手術のようにリスクが有るということはありません。
比較的安価で治療ができるのも特徴です。
包茎を直すなら安全な知識で選ぶクリニックが良いでしょう。
この程度の治療で済むような仮性包茎の人は、ぜひ検討したほうがいいでしょう。

http://www.mens-chuoh.com/
包茎手術やAGA治療など男性の悩みを専門医が解決|中央クリニック
Copyright(c) 2013 包茎のデメリットと手術法 All Rights Reserved.